ぽんこつらいふ

22歳フリーターのぽんこつらいふ

【審査激緩】初めてのクレジットカード選びは迷わず楽天カードだった件【フリーター】

f:id:vidividadon94:20170807012211j:plain

どうも、ふりーたーです。私生活に於いて有ったら非常に便利なもの。いろいろありますが、そのひとつに『クレジットカード』が挙げられます。

ネットショッピングの支払い/飲食店その他諸々のお会計/もしもの時のための最終防衛線『キャッシング』などなど…

 

とまあ色々用途はありますが、クレジットカードと言って一番に思い浮かぶのは支払いなどの金銭的な応酬をするときでしょう。

まあその為のカードなんですけどね。

 

しかし、クレジットカードを手に入れるにはカード会社による厳正な審査を通過しなければなりません。さて困った、収入の安定しないフリーターがこの審査をパスすることは非常に困難です。

 

でも大丈夫、そんなフリーターでも比較的簡単に、ほぼ一発で審査を通過できるカード会社があります。

 

『そう、楽天カードならね』

 

 

クレジットカードについて

初めてのクレジットカードを申し込む前に、まず知っておくべきことがあります。それはクレジットカードの仕組みです。

 

『クレジットカードの存在は知っているけど、どういう仕組みになってるのかいまいちわからない』という方は申し込む前にしっかり理解を深めておきましょう。

 

キャッシングとショッピングの違いは?限度額って?リボ払い?毎月勝手に引き落としてくれるんでしょ?etc... 

 

いまいち仕組みを理解しないままクレジットカードを契約してしまうと、気が付いたら多額の請求に追われることになってしまったり、半永久的に終わらない返済地獄(無計画なリボ払い)など、思わぬ事態を引き起こしてしまいます。

それらを回避するためにも、まずはクレジットカードの仕組みをしっかり理解しましょう。

 

ショッピングとキャッシング

先ずはお金を使うときに関する最低限のことについてお話します。

代金はいつ請求されるのか、返済方法などについてクレジットカードを使用する上で基本中の基本のことです。しっかり押さえておきましょう。

ショッピングとは

 

ショッピングとは、購入品をカードで決済することです。ネットショッピングがわかりやすいでしょうか。

 

カード決済をすることで、ネット上でお会計を済ませてしまう優れもの。自分のカード情報を入力するだけなので、2~3分ほどで購入することが出来ます。

楽天カードの口座振替は以下のようになっています。

 

・一回払い

カード利用締日⇒当月末

ご請求日⇒翌月27日

つまり今月のカード決済の請求日は、翌月の27日ということになります。口座振替の場合前日までにしっかり口座に現金があるか確認しておきましょう。

 

又、ネットショッピングに限らず当月のすべてのカード決済分はこの日に請求されます。

 

・リボルビング払い

20万以下⇒5,000円~

20万以上⇒10,000円~

 

なにかと話題のリボ払い。

月々の返済額を少額にすることで、多額の買い物ができる。と一見旨味しかないように見えますが、扱い方を間違えると非常に厄介なのが、このリボルビング払いです。リボ払いの場合、手数料が実質年率15%と設定されています。

その為『毎月返済しているのになかなか元金が減らない』というスパイラルに陥ります。

 

例えば50,000円の商品をリボ払いで購入します。月々の返済額を20,000円と設定した場合、

50,000円×15%÷12ヶ月=625円

この625円が手数料として支払う額になります。

つまり初月の返済額は20,650円。

しかし実質元金は20,000円しか減りません。翌月、翌々月の支払金額は

 

30,000円×15%÷12ヶ月=375円

10,000円×15%÷12ヶ月=125円

 

50,000円の買い物に対して支払総額は51,125円となります。この例でいうと支払い金額が月々20,000円で、3ヶ月で返済が終わる計画なので比較的安全のように見えますが、例えば月々の返済額を5,000円にして、元金10万円とすると手数料だけで毎月多額の支払い額になります。

 

しかし、元金は5,000円ずつしか減らないので、長期的に搾取され続けてしまうということです。

すぐに大きな金額を用意できないときには重宝するシステムではありますが、リボ払いの際は充分に考慮した上で計画性を持って利用しましょう。

 

キャッシングとは

キャッシングとは、実際に現金を借りることをいいます。10万円借り入れる場合、そのまま現金10万円を手にすることが出来るシステムです。

 

しかし、実質年率18%と非常に高い金利に設定されているので、どうしても現金が必要な時の最終手段と考えておきましょう。

 

キャッシングを利用するにあたって、申し込みの際にキャッシング枠を決める必要があります。借り入れられる金額の上限ということですね。

金額の上限を上げればそれだけ審査も厳しくなります。後からでも変更することが出来るので最初は5万円、10万円に設定しておくことをおススメします。

 

キャッシング自体は楽天マークのあるATMやネットから申し込むことが出来ます。『急な出費でどうしても現金が必要!』というときには非常に便利なサービスです。返済方法についても基本的にショッピングと同じような方法ですが、キャッシングをご利用の際は返済例をしっかり読み込んだ上で慎重に利用しましょう。

  

楽天Edyについて 

楽天Edyで会計すると、購入額200円に付き1ポイント付与されます

楽天Edyとは所謂電子マネーのことをいいます。楽天EdyはスイカやPASMOと同じ『プリペイド型』と呼ばれるタイプの電子マネーです。プリペイド型とは先払いのことを指し、チャージした金額分だけ利用できるというものですね。

このチャージの方法は主に2つあります。

 

まず一つ目に『いつでもEdyチャージ(自動設定)』と呼ばれる方法があります。これは自分で設定した金額が、商品を購入したことにより下回ると自動でチャージしてくれるというサービスです。

1日にチャージできる金額を任意で設定するので『ついつい使い過ぎてしまった…』という問題をカバーしてくれます(Edyオートチャージ対応店舗のみ)

 

もう一つは現金によるチャージです。Edyチャージャーで現金を電子マネーに変えることができます。

又、このEdyチャージャーが設置されていない店舗でもEdy対応店舗ならば、レジにて店員に頼めばチャージすることもできます。

 

買い物するたびにポイントが付与されるので、どうせ同じ金額支払うなら楽天Edyで会計をする方が効率的と言えます。楽天Edyが使えるのは、楽天Edy対応店舗に限られますので事前確認は怠らないようにしましょう。

 

楽天公式サイトによると、楽天Edy対応店舗は全国45万ヵ所以上あるようなので、日常的に使用することに関しては問題なさそうですね。

今なら新規入会+利用でポイント付属キャンペーンを実施しているようです。

 

審査基準は?

審査基準は公開されていません。

ですから年収○○万~、世帯収入○○万~、などの確定要素をお伝えすることはできませんが、フリーターでも審査に通ったと言う方も多く、実際にフリーターの僕でも申し込みから4日~5日ほどでカードが郵送されました。

 

審査を通るために、一つだけアドバイスをするとしたら

虚偽情報を記入しないこと!

この一点に尽きます。又、「職場に連絡されるのがイヤだ!」とクレジットカードを嫌厭している方もいますよね。

僕が楽天カードに申し込んだ際にはそのような連絡は一切ありませんでした。ネットで申し込み後、楽天からメールが2~3通着た後に、そのまま郵送されてきたので。

 

ただ明らかに嘘とわかるような情報を記入すると確認のため連絡が来るかもしれません。特に収入に関する事項は正直に記入しましょう。

いや、すべて正確に記入しましょう。

クレジットカードは必需品

クレジットカードは大変便利ですね。

ネットショッピングも代引き手数料を取られることなく済ませられるし、なにより生活にゆとりができます。現金だけで生活しているとこのご時世、何かと苦労することが多いですからね。

 

大学生、フリーターの初めてのクレジットカード選びは迷わず楽天カードをお勧めします。

 

⇒楽天カード公式サイトへ