ぽんこつらいふ

22歳フリーターのぽんこつらいふ

【頭痛/吐き気】辛すぎる二日酔いの時にやるべきこと、やってはいけないこと

f:id:vidividadon94:20170906221835j:plain

冠婚葬祭や正月、新入社員歓迎会や送別会などなど…。普段お酒を飲まない方でも、お酒と触れ合う機会は多々あります。いつもは飲酒を控えていても、その日のテンションに任せてついつい深酒してしまい次の日朝起きたら二日酔いで後悔。なんてこともありますよね。

 

二日酔いにも段階がありちょっとフワフワするような軽度なものから、常に吐き気を催して脱水症状を引き起こす危険な状態のものまで症状は様々です。

後者はほんとに辛いですね…。僕も以前、重度の二日酔いの時に脱水症状に陥ったことがあります。

その時は余りの不快感に脂汗が止まらず、水を飲んでもすぐに吐いてしまうため経口摂取では水分を取ることができず、足もガクガク震えて一人では動けません。仕方がないので友人に病院に運んでもらい点滴を受けてなんとか落ち着きました。

 

…とまあ今回はそんな辛い二日酔いの対処法についてご紹介します。

 

 

 

二日酔いの原因

そもそも二日酔いを防ぐために、まずは二日酔いの原因について理解していきましょう。

アルコールを摂取すると、体内でアルコールはアルコール脱水素酵素によりアセトアルデヒドに分解される。さらにアセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素により酢酸へと分解され、最終的には水と二酸化炭素に分解されることにより体外へと排出される。
アルコールの中間代謝物質であるこのアセトアルデヒドは毒性が非常に強く、その毒性により引き起こされる症状が二日酔いである。つまり二日酔いの原因はアルコールそのものではなく、代謝過程におけるアセトアルデヒドによって引き起こされると考えられている。

引用:二日酔い - Wikipedia

 

ふむ、馴染みの無い単語ばかりで難解ですが、要はアルコールを分解しようと頑張っている時に体内で起こる副作用ということですね。

ただこのアルコール分解能力には個人差があり、分解能力が低いとその分同じ量アルコールを摂取しても二日酔いになりやすい体質であると言えます。

 

軽度の二日酔い対処法

f:id:vidividadon94:20170906222348p:plain

お酒を飲んだ翌日、目が覚めるとフワフワとアルコールが残っている感覚に陥ることがあります。

この時は身体的にもそれほど辛くはないので、スポーツドリンクを摂取してある程度睡眠を摂ることで改善されます。

塩分を摂ることで症状が緩和されるので、みそ汁などを摂ると尚良いでしょう。個人的にはシジミの味噌汁をお勧めします。コンビニでインスタント味噌汁が売っているので是非。

 

又、睡眠を摂らずに汗として有害物質を体外に排出する方法もあります。水分をしっかり摂った上で、温かいお風呂に入ってしっとり汗を流すのも効果的です。

 

重度の二日酔い対処法

f:id:vidividadon94:20170906222422p:plain

それこそ冒頭に述べたような重度の二日酔いの場合は、市販の二日酔いに効く薬や漢方を処方しましょう。その後経過を見ながら、『軽度の二日酔い対策』に基づいて対処します。

それでもすぐに吐いてしまったり寒気がするようならば、恥ずかしがらずにすぐに病院へ行きましょう

 

二日酔いで死ぬことはありませんが、二日酔いが招く脱水症状は危険です。先日、とあるニュースで脱水症状のため亡くなってしまった男性がいましたからね…。

それほど脱水症状は侮れないです。自分で動けないような状態ならば、救急車の要請も視野に入れておきましょう。

 

二日酔いでやってはいけないこと

先ほど、二日酔いの対処法として『お風呂に入って汗を流す』行為を推奨しましたが、無理に汗を流そうとする行為は逆効果です。心臓にも負担がかかるので、ある程度症状が治まったときにしましょう。基本的に二日酔いの時は水分不足に陥りがちなので、

汗<水分摂取量

となるようにしなければ意味がありません。流す汗の方が多いのであれば、症状は悪化してしまいます。二日酔いの時は、まずは水分を摂ることが一番です。

『気分が悪くて水が飲めない…。』という方も回復を遅らせるだけです。少しでも回復を早めたいのであれば、多少無理してでも水分は摂りましょう。

 

又、水分に関してもただの水を飲むよりも、スポーツドリンクがおススメです。逆にお茶やコーヒー等のカフェインを含んだものはNGです

 

更に二日酔いの対策として『迎え酒』という手段がありますが、これは完全に気を紛らわせるものでしかありません。確かに二日酔いでお酒を飲めば、二日酔いが飛んで行った錯覚に陥りますが、実際にはそんなことは無く身体的にも良くないのであまりおススメしません。

二日酔いの予防

そもそも二日酔いにならないための予防をしておけば、仮に二日酔いになってしまってもある程度症状を緩和することができます。

  1. 飲酒時にご飯を食べすぎない
  2. 寝る前に大量に水を飲んで無理やり吐く
  3. 無茶な飲み方をしない

以上の三点です。

『飲酒時にご飯を食べ過ぎない』というのは②に繋がります。吐くときに満腹だと吐き辛くなります。アルコールが回りやすくなるという点もあるので、お酒を飲むときは基本的には食事はあまり摂りません。

③について、やはり飲みの場でお酒が進むとどうしてもペースが上がってしまいがちです。結果気が付けば泥酔野郎の完成。これに関してはもうしょうがないんですけどね。楽しいんですもん。

ただ毎回これで翌日後悔しているので、最近はセーブしながら楽しく飲むように心掛けています。

 

そして、一番重要なのが②です

どんなに気持ち悪くて泥酔していても、必ず寝る前には水分を取って吐くことです。その時は『もう酒なんか一生飲まねぇ…』と思うほど辛いですが、この手間だけで二日酔いの負担が全然違います。

 

『死ぬほど辛い』と言ったら語弊がありますが、重度の二日酔いで病院に搬送されてからは毎回必ず寝る前に吐くようにしています。 

まとめ

 二日酔いは症状によってはほわほわした気持ちの良いものもありますが、重度なものだと本当に辛いですよね。『二日酔いで死ぬんじゃ…』といった気分にさせられます。

大袈裟かもしれませんが、それほど辛い二日酔いを経験したため予防や対策に熱を入れるようになりました。

知識として備えておくだけで、飲みの席にも足が近づきます。そういった場所はコミュニケーションが深まる場でもあるので、二日酔いに気を付けながら積極的に飲みの席に足を運んでみてはいかがでしょうか?