PoLife

22歳フリーターのぽんこつらいふ

【ウォーキング・デッド シーズン8】一対一で最強のキャラはジーザスだった!?【第三話感想】

ウォーキング・デッドシーズン8が始まってからは常にリック側が優勢でしたが、ついに第三話ラストシーンにてエゼキエルチームが急襲されて幕引きとなりました

 

救世主相手に初の敗北でしょうか。

というか今までが調子良すぎた感は否めませんが。エゼキエルは死んでいないと思われますが次回は相当苦戦を強いられそうですね。

 

又、第二話にてだいぶドヤで登場したモラレスがあっけなく死んでしまったのも意外でしたね。旧知のキャラクターの再登場は基本的に熱い展開が予想されるというのに、これだけ盛り上がりに欠ける再登場が今まであったでしょうか。

 

まぁ再登場時も別に心が躍らなかったので

『あ。死んだ』

としか思わなかったんですけどね←。

その辺りも含めながら第三話感想/考察です

 

 

作中最強キャラクターは『ジーザス』か!?

f:id:vidividadon94:20171011171512j:plain

出典;ドラマ『ウォーキング・デッド』シーズン7

 

捕虜を助けようとするジーザスと捕虜を殺そうとするモーガンとの間でバッチバチの殴り合いが展開されました。

結果、ジーザスがモーガンを打ち破るという結末に。

シンプルな身体能力だけで言うと棒を装備したモーガンは作中トップクラスの実力者だっただけに、それを素手で倒してしまうジーザスは現段階では最強キャラと断言できるでしょう

 

初登場時にリック&ダリルと二対一で戦ったときも一度は勝利しているので並大抵の実力者ではないようです。

経緯

モーガン、タラ、ジーザスチームが捕虜を連行している時に野生のウォーカーに襲われます。混乱に乗じて何人かの捕虜が逃走。モーガンが単身追いかけてその内の一人を撃ち殺します。皆殺しにしようとしたところでジーザスに止められゴング

 

棒術のスペシャリストであるモーガンに対して素手で互角以上の戦いを見せるジーザス

カッコ良すぎかよ

最終的にはマウントを取るジーザスですが心の優しいジーザスは棒をモーガンに返します。しかしまたもや情緒不安定モーガン発動

拗ねて戦線を離脱することに。モーガンが抜けたことによる戦力ダウンは大きな痛手ですね。

 

モーガンの気持ちは凄いわかるんですけどね。視聴者ぼくとしてはモーガンの意見に賛成派なので。しかし、戦線を離脱するのは違うだろ。と

どんな理由があれ救世主との大事な戦いを前にして『個』を取ってしまったモーガンはまだまだ人として成長しきれていない。正直我が儘な小学生かよとか思ってしまいましたよ。

モラレスの呆気ない死

何しに来たんだお前は

わざわざ再登場させる必要があったのか?リックとの会話は物語の演出としては必要だったようにも思えますが。

お互い別の道を歩んだ二人の人生が、環境によってここまで変わってしまうというこの世界の無常を暗に示していたような印象でしたね

 

そして家族は生きていると思っていましたが死んでしまっていたようですね。リックもローリが死んでしまってから精神的に不安定な時期を過ごしましたが、多くの仲間のおかげで乗り越えることができました。モラレスにはその仲間が必要だったように思います

 

エリックの死

アーロンの恋人として登場した準レギュラーであるエリックがウォーカーになってしまいました。

今までとはまた違った演出で思わず涙が…。主要キャラクターが死ぬたびに泣いてしまうのですが、今回はどちらかというとアーロンの心情に感動してしまった感じですね

 

再会を果たすことが出来ず、ウォーカーとなった後ろ姿を見つけたアーロンの演技に胸がギューーッとなりました…

 

エリック自体にはそれほど思い入れはありませんが、これでアーロンも腹が決まった。というか救世主に対して闘志むき出しになることでしょう。

がんばれアーロン!

血も涙も無いダリル

もうリックも若干引いてるからね!

モラレスを殺したのはしょうがないとして、武器の在処を教えてくれた敵をなんの躊躇も無く撃ち殺すのはどうなんだ…?

男の約束ってなんだってばよ!?

これにはリック唖然。視聴者ぼく『ヒェッ』と小さな悲鳴を漏らす

 

まあ救世主だし殺すことは良いとしてもあんな騙し打ちみたいなことしなくても…一瞬で逝けただけマシか(すっとぼけ)

まとめ

第三話まで滞りなく進めてきた計画もここにきて崩壊しそうな展開でしたね。エゼキエルの今後にも注目です。

 

ジーザスはもう少し非情になって欲しいところです。

そしてゲイブリル。息してる??

一話でニーガンに捕らわれてから消息が掴めないんだが。やっと一皮剥けてこれから大活躍ってときに…。次回登場することを楽しみにしてます

関連記事 

www.ponkotulife.com