PoLife

22歳フリーターのぽんこつらいふ

【正社員】高卒23歳フリーターが宅建を取ったらあっという間に就職できた話

f:id:vidividadon94:20180215151416j:plain

23歳というと、一般的には大学を卒業した社会人一年目にあたります。

長い学生生活を終えて、それぞれ辛い就職活動を経て新しい環境で揉まれる時期ですね。

 

私はというと、高校卒業後、進学もせずにダラダラと自由気ままに生きてきました。

当時は『どうにでもなるっしょ!』と楽観的に将来について考えていましたね。

 

しかし、周りが大学を卒業するころには、やはりそれなりに焦りが出てくるもの。

ですが『そろそろ正社員として身を固めよう』と考えた時にはもう遅い。高卒&フリーターは私が思っていたより何倍も険しい道でした。

 

そこで、資格ランキングでも常に上位に位置している宅地建物取引士を取得。(簡単に言ってるけどそれなりに勉強しました)

 

すると、あの頃が嘘のように内定が出るわ出るわ…正に入れ食いです

何社か内定を頂いた後に、第一志望の会社に入社を決めました。

 

今回は『23歳、高卒&フリーターが正社員になるまで』と題して、体験談やちょっとしたポイントをご紹介します。

 

 

 

23歳職歴無しの末路

20代前半はフリーターでもどうにでもなる、と思っていた時期が私にもありました。まぁ実際どうにでもなりますが、これは目標やビジョンがしっかり見えている場合に限りです。

今現在『まだ若いから…』と何も考えずなんとなく生きているのであれば、今すぐ行動しましょう。あっという間に30代です。

 

因みに私は闇金ウシジマくんを読んで『こうはなりたくない…』と感化されていました。現に30代40代フリーターは絶望的です。というか厳密には社会人経験が無いことが悲惨です。

将来的には家庭も持てずに、親に縋り、親が亡くなると兄弟、親戚をたらい回しにされ、誰にも引き取ってもらえずホームレスに…。

 

今はまだ現実味がないかもしれませんが、そろそろ焦りだす時期です。

行動するなら早ければ早いに越したことはありません。今ならまだ間に合いますよっ!

 

職務経歴書は『やる気+α』

フリーターは面接時に必ず『就職しないで何やってたの?』と突っ込まれます。フリーターと言っても性格は様々です。夢を追っているのか、正社員ではなくとも非正規で何か語れる実績があるのか。等々。

 

中途採用の場合、ほとんどの企業から面接時に職務経歴書を持参するように言われます。要はその職務経歴書でアピールできる点があるか。ということです。

 

因みに私は後者でした。約三年間飲食店にて接客業に従事していた頃の実績を提出しました。営業職を希望していたので、受けはよかったですね。面接時にはハキハキやる気を全面に出したことで印象はそれなりによかったです。

宅建を持っていたこともあり、3社受けて2社内定を頂きました。

 

フリーターの場合、A4用紙に語れるだけの実績をなんでもいいので作ってください。ほんとになんでもいいです。アピールの仕方なんて人それぞれですからね。

そんなことよりもフリーターの場合はやる気+αが重要です。

パソコンのスキルもアピールできるので、職務経歴書は手書きではなくワードで作ることをお勧めしますよ!

 

アピールできるものを持つべし

とは言っても、職務経歴書は今までの実績を提出するもので、正直フリーターにはそれほどの物は求められていません。

 

それよりも、将来性を見られています。

若さ、やる気、愛嬌、元気etc...

正社員を目指すうえでこれらを押さえてしまえばどこかしらに引っ掛かります。

 

ただ、周りのフリーターとの差別化や、自信、ビジョンを明確にするためにもフリーター期間に何かしらの資格を取得しておくことをおすすめします。

面接時にフリーター期間を突っ込まれた時も『資格取得のため』と対応しやすいですからね。

 

その点、宅建はコスパが良いです。

国家資格としての知名度、信頼度。

難易度も半年ほどの独学で取得でします。ただなんとなくフリーターをしているのであれば是非取得に向けて動いてみてください。

 

10年後の未来を想像して正社員を目指そう

ということです。この記事にたどり着いたあなたは、少なからずフリーターから正社員を目指す方であると思います。

この一歩は大きな一歩です。

寧ろ今が最後のチャンスかもしれません。転職サイト を覗いてみるだけでも就職意欲はだいぶ変わりますよ!転職サイトは登録スカウトサービス等が利用できます。

宅建を持っていると、多くの企業からスカウトが届くのも資格取得のメリットのひとつです。

 

フリーターのときは正社員というものをどこか遠くに見ていましたが、案外動き出してみると呆気ないものです。

是非正社員を目指してみましょう!